留学準備とこころの準備と

留学の目的

海外留学とは様々なスタイルがあります。自分の目標や計画、予算などに見合ったスタイルを知ることをまず留学する前に明確にしておくべきです。そもそも留学をする目的は何でしょうか。学ぶ理由は何でしょうか?

 

将来の仕事に役立てたいため、海外旅行中にコミュニケーションができるようになるため、外国の友人が欲しい、自分へのスキルアップのため などさまざまです。また、語学留学、ワーキングホリデー、ボランティア活動、専門留学、語学留学、インターシップなど、一口に留学といっても色々と目的別にあります。

 

その中で、一般的な語学留学とした内容として、国内では英会話スクール、英語サークル、通信講座、プライベートレッスンなどがありますが、どれも安いものとは言えず、時間とお金に大きな負担になることもあります。

 

また実際に通っていても、自分の上達に自信が持てずに途中で挫折をしてしまったり、独学での勉強に限度を感じたり、また学校で英語を学習していくうちに 英語、海外に興味を持ったり、とそんな時、思い切って留学をしたいと思うキッカケは自分次第です。およそ半年〜1年間程度の期間で現地の語学学校へ通い、初心者、日常会話レベル〜高度なビジネス専門英語レベルまでと、レベル別にクラスが分かれています。

 

実際に留学をしてみて、はじめはなかなか英語を使えず その場で圧倒されたり、自信がなくなり消極的な気持ちになることもあるかもしれません。ここで失敗例として、そんな時 留学先で日本人同士で固まって日本語ばかり使って、そんな光景をよく見かけます。確かに、言葉が通じるので色々と相談し合えたり、海外で頼りにできる存在にはなるかもしれません。でもそれは自分が本当にしたいことでしょうか。

 

自分は何のために留学したのか、それは単なる旅行になってはいないでしょうか。もう一度 留学の目的をきちんと思い出すことが大切です。そもそも勉強をしに行くのですから、はじめから自信はなくてもいいのです。なかなか通じないのは当たり前です。でも、諦めずに向き合っていくうちに、英語に抵抗がなくなり 徐々に相手の言っている言葉が耳に届くようになってきます。そこで日常で使われる言い回しや単語を覚えていきます。

 

これはどんな英語教材に書かれている内容よりも、実践で学ぶことができる醍醐味です。留学の意味です。時間をかけて焦ることなく、目的意識を持ち続けること、それが自分の自信、上達へ繋がります。また、語学留学という目的のほかにも 海外の文化、人種、生活、気候などに触れ、感じられることで そこから大きなものを得られ、人生で良い経験となるでしょう。

 

 

留学先で学ぶこと

留学するということは、学校に通うだけでなく異なる生活習慣や伝統、文化を持った社会で生活をするということです。全てに対して意見を言うことが、必ずしもいいこととは言えませんが、とにかく日本人は意見を言うよりも、同調したり 暗黙に了解をするところがありますが、それに対し 海外ではそのものの理由であったり、いきさつを尋ねたり、深く掘り下げて意見をし合うというスタイルが多いです。

 

日本では、自分で考える教育や自分の感情を言葉で表現するということには慣れてはいないので、ともかく最初はほとんど何も言えないことが多いのです。それが、2、3カ月、半年と経ってくると、何も言えないと、何も起こらないということが分かってくるのです。

 

例として、アメリカ人はこちらからお願いをすると、本当に親切に一生懸命やってくれますが、黙っている人には 特につっこんで干渉することはあまりありません。それは相手を傷つける失礼なことだと思っているからです。頼まれていないことは手伝わないのがアメリカ流の親切でもあるのです。黙っていては誰も声をかけてはくれません。何か言ってくれるだろうと思って、黙って待っていては何も起こらないのです。

 

 

 

語学学校のクラスでも、日本以外のアジア圏の生徒は どんどん積極的に質問をしたり意見をします。日本では意見を主張しないというところが美学とされている部分が多少影響しているからかもしれませんが、これは勿体ない部分でもあります。

 

せっかくの海外留学ですから、恥は捨てて、思っていることを主張してみましょう。自分の感情を言葉で表現しなくては何も起こらないということを痛感すれば、みんな思っていることを口に出せるようになります。このときに問題になるのは、英語力だけではなく、自分で考える事ができるかどうかにもあります。伝えたいことがあれば、限られた英語でどうにか表現しようとします。

 

また、ホームステイ先でも同じようなことが言えます。家庭のことは子供であっても分担することが当たり前と考えられていて、家の手伝いをして生活の基本になることを学ぶべきと考えているので、ホームステイでは自分はお客さんではなく、家族の一員として その家庭に従って自分から動いて、自分から意見をしていくことです。そのようなことから信頼関係が生まれるのです。 海外で生活すると、日本とは異なる文化や伝統に出会います。

 

日本人から見れば理解困難なことでも、好奇心を持ってチャレンジをしてみることです。そういうことが、新たな物を発見し生み出すものになります。このチャレンジ精神が何よりも自分を大きく成長させるでしょう。