FX投資初心者必見

サラリーマンがFXの取り引きをする意外なメリットとは

FX

FXの取引に必要な事とは


FXの取引を行うためには様々な技術や知識が必要となります。
相場で取り引きをするのですから、相場のマナーは知っておかなければなりません。
例えば、損失が一定以上発生すれば損失を限定するために損切りをするのは、どの相場でも必要な事です。
このような相場における常識的なことは知っておかなければならないのですが、それとは別に経済や金融についての知識も頭に入れておかなければなりません。

最も重要なのは金融の知識


為替レートに影響を与えるものはいくつもあるのですが、現在のところは金融政策の影響は非常に大きくなっています。
現在の円安は日銀の金融緩和によってもたらされたものですし、ここ最近でドルが買われているのはFRBの利上げ期待です。
金融情勢が現在はどのようになっていて、それに対してどのような金融政策が行われるのかを常に考えておく必要があります。

金融に直結する経済も重要


金融政策に影響を与えるのはその国の経済です。
例えば、FRBは、インフレ率を安定させる事を第一の目的としていますが、現在の議長はそれに加えて雇用の安定を重視しています。
ですから、もしも失業率が上昇すると金融緩和が行われる可能性が高くなります。
景気そのものが開腹して暮れが自然と失業率も低下するのですから、金融政策に影響を与える景気動向についても把握しておかなければなりません。

続けていれば知識は自然と身につく


FXで稼ぐためには、相場における基本的なマナーをマスターすることと、金融や経済に詳しくなることとの二つが必要です。
どちらを重視するのかは投資家によって異なりますが、片方だけの知識で取り引きをするのは危険ですし、取引をしていれば自然とニュースも耳にするでしょう。
恐らくですが、情報を全く集めずに取引する人はいないでしょう。
少なくとも雇用統計や金融政策決定会合などについては、多くの人がチェックするはずです。

この知識が以外に役に立ちます


このような知識が身につくことは、サラリーマンにとって意外なメリットとなります。
為替レートの取り引きをするわけですから、自然と海外に目が向くようになるでしょう。
世界のどこで経済活動が活発になっているのかを知ることもできます。
このような知識は本業のビジネスにも役立てることができるでしょう。
グローバル化した現在の社会では、日本国内のことだけを考えてビジネスを展開しているわけにはいきません。
広く海外に目を向けてビジネスを行う事が必要なのですから、FXの取り引きをすることによって得られる知識は、本業のビジネスにも役に立つのです。


利益率で選ぶならFXでしょう

利益率を求めるなら


利益率を高めようと思ったならどうすればいいのでしょうか。
企業などでも同じことですが、入ってくる利益を上げるか、それともコストを下げるかの2つしかありません。
投資で利益を上げるには、常日頃の研鑽と経験、そしてインスピレーションが必要でしょう。
本当に利益を上げようと思ったなら、それなりの投資が必要です。
ですが、コストを下げることはもっと簡単にできます。

コストを下げるには


他の投資方法と比べて、FXにはコストが非常に低いというメリットがあります。
現在ある投資方法の中では、もっとも取引額が低いのではないでしょうか。
コストが低いということは、当然のことですが利益率を上げることができるということにつながります。
同じ利益を上げることができるとすれば、手数料が高いところよりも、手数料が低いところで投資をした方が自分の手元に残る利益が多くなります。
つまり、FXには、手元に残る利益を多くすることができるというメリットがあるのです。

資金効率も良い


FXにはレバレッジというものがあります。
最大で25倍までのレバレッジを利用することができるのです。
100万円の投資をする場合、現金が100万円必要な投資方法と、現金は4万円ほど用意すればいいだけの投資方法とではどちらが資金効率が良いでしょうか。
当然、用意する金額が少ないほうが資金効率が良くなります。
もちろん、100万円を用意しておいたほうが何かあった時に安心です。
ですが、一応、100万円を用意しておいて、余った分は他の投資方法をするということもできます。
余ったお金は定期貯金などにするのも良いのではないでしょうか。
最近では銀行の金利は低いため、ソーシャルレンディングなどで運用するのもおすすめです。
ソーシャルレンディング業者を比較するサイトもありますので、チェックしてみましょう。

いつでも取引することができる


外為市場は土日を除いて24時間いつでもオープンしています。
その点が、午前9時から午後3時までしかオープンしていない株式市場とは大きく異なるところです。
先物市場も同じですし、外貨貯金でも取引に制限がある場合が多いため、いつでも自由に取引できるというわけではありません。
24時間いつでも取引をすることができるということは、自分の好きなだけ取引をすることができるということです。
取引回数が1回よりも、10回取引できれば利益を上げやすいとは思いませんか。

自由で利益率が高いFX


最近は、スキャルピングといって、細かく取引をするトレード方法が流行っています。
なかには1ピップス抜きを何度も繰り返すトレーダーもいます。
取引時間が長いということは、それだけ取引のチャンスが多くなるということです。
自分のトレードスタイルに合わせて自由に取引ができ、高い利益率が望めるのがFXのメリットだということができます。