留学先の国選びについて

留学先の国選びについて

英語は世界共通語といわれるだけあって、母国や公用語、共通語として英語を使う国はとても多いといえます。実際に、英語が話せればより多くの外国人と自由に会話することができ、世界、視野が広がります。そのため留学して英語を学ぶ事は、大きなメリットのひとつともいえます。ここで重要なのは、どこの国に留学するのかということです。

 

つまり、留学先の国によって話されている英語には違いがあるのです。一般的によく知られているのは、イギリス英語とアメリカ英語の違い。日本人が中学、高校、大学と学んできた英語は、アメリカ英語であることが多いですが、世界的に見るとオーストラリア、ニュージーランド、カナダなど、イギリス英語をベースにそれぞれの国の特徴を持つ英語を話す国が多いのも事実であります。

 

また、中近東やインド、アジア諸国の英語などは母国語の影響を強く受けているので 強い訛りもある場合が多いです。ここで、留学先の国の英語の特徴を紹介します。『アメリカ』・・アメリカ英語といっても、国土の広いアメリカでは地域によってさまざまな特徴があるといえます。中部から西海岸で話されているものが一般的なアメリカ英語といえます。日本人にとっては一番なじみのある英語でもあります。

 

『カナダ』・・北米大陸にあることから、隣国のアメリカの影響を受けたアメリカ英語だと思われがちですが、歴史的にはイギリスとの関わりも深く、移民も多いということから全体的にクセのない標準的な英語を話します。ただし、フランス語を公用語とするケベック州などでは、独特の訛りを感じることもあります。『イギリス』・・イギリス英語は、アメリカ英語に慣れた日本人には少々聴き取りにくく感じることもあります。

 

早口で、地方による方言や訛りもヒアリングを難しくさせている理由のひとつですが、アメリカ英語とは表現方法やスペル、単語の意味などが異なることも多いです。『アイルランド』・・イギリス英語をベースにしているので、アメリカ英語とは異なるところも多いですが、意思の疎通は充分に可能といえます。また、イギリス本国よりもアクセントは強くはなく、聞き取りやすい英語であるといえます。

 

ただ、こちらも早口で話す人が多いので、耳が慣れるまで時間がかかることもあります。『オーストラリア』・・オセアニアに位置しているが、繋がりが強いのはイギリスなので 話される英語もイギリス英語寄りといえます。しかし、オージーイングリッシュともいわれるほど訛りも強く、独特の発音に慣れるまでは、聴き取れず混乱もすることもまれにあります。フレンドリーな人種なので親しみやすいといえます。

 

『ニュージーランド』・・イギリス英語ではありますが、発音に特徴を持つキーウィーイングリッシュを話します。オージーイングリッシュに近く、やはり慣れるまでは特有の発音に苦しめられることもあります。さらに早口なことも特徴です。

 

ここでしっかり聞き取れれば、自信がつくともいえます。これまでのことを踏まえ、自分はどこの国に留学するのが良いかを考えてみましょう。しかし、発音や訛りなどを考えて深刻に悩む必要はありません。ベースとなっているのは同じ英語です。日本国内でも、地方の方言、標準語とあるのと同じです。基本的なところは一緒なので、どこの国で学んでも決して無駄になることはないはずです。